ブラジル旅行で行くべき場所


知名度ナンバーワン!リオデジャネイロ

最近W杯やオリンピックで話題になっているリオデジャネイロ。ここは外国人、ブラジル人共にリゾート地として人気な都市です。

おそらく一番有名なのが丘の上にあるキリスト像ではないでしょうか。大きなキリスト像が手を広げてそびえ立ち、そこから見える景色は絶景です。その他にもロープウェイで頂上へ行くポン・ヂ・アスーカル(砂糖パン)と言う大きな岩も有名です。

リゾート地といえばビーチ。リオデジャネイロにはコパカバーナ、イパネマなどたくさんの綺麗なビーチがあります。その他にも大聖堂、大劇場等歴史的建物もあるので見所がたくさんあります。

ブラジルの秘境、レンソイス

レンソイスとは、ポルトガル語で(白い)シーツという意味で、砂漠の砂が白く、その様子がシーツに見えるところから来ています。また、雨季の後の3月から6月にかけては、砂漠のくぼみに水溜りがいくつもできる不思議な光景を見ることができます。

レンソイスに行くには直行便がないので一番近いサンルイスという町からバスで4、5時間かけて行きます。なので、日程に余裕がないとなかなか行けません。しかも、砂漠に行くにはそこからジープで40-60分かかります。行くまでが大変ですが、その場所に行ったらその苦労も忘れるくらい素晴らしい世界が広がっています。

Comments are closed.