1つの国じゃもったいない!車と鉄道と船で楽しむヨーロッパ


ヨーロッパの旅の楽しみ方は十人十色、様々でしょう。もちろん、一つの国や都市にゆっくり滞在するのもいいですが、多くの国が陸続きで隣り合っていますので、いろいろな国を効率よく巡ることもできます。せっかくのヨーロッパ旅行をより楽しくするために、たくさんの国を巡る方法をご紹介しましょう。

陸続きで高速道路も完備!車で巡るヨーロッパの国々

日本からヨーロッパに向かうのは飛行機を使うことがほとんどだと思いますが、到着してからの移動手段の選択肢はいろいろあります。都市部であれば、バスやタクシー、地下鉄などが主な移動手段になります。しかし、ヨーロッパの各国を巡って旅しようと考えている場合は、車で移動するのが一番のお勧めです。ヨーロッパの自動車メーカーの車をレンタルして欧州気分を満喫するといいでしょう。
ヨーロッパの国のほとんどは地続きですので、簡単に車で移動できます。高速道路もしっかり整備されていますので、大都市間の移動は快適です。アウトバーンと呼ばれる速度無制限の高速道路もありますので、試しに最高速度に挑戦するのも面白いかもしれません。自分では相当速く走っているつもりでも、時速200キロを超えるベンツがゆうゆうと追い抜いていくでしょう。それもまた楽しい体験です。
もちろん、早く走り抜けるだけが楽しみではありません。ヨーロッパも北側の国と南側の国では気候も違いますので、移動中に見る風景も変化していきます。スイスやイタリアあたりの大自然を横切る形で作られている高速道路を走ると、大自然とヨーロッパの文化を同時に感じることができます。

のんびりできて車窓からの風景もいい!鉄道で巡るヨーロッパの国々

ヨーロッパの各国を移動する場合に忘れてはいけないもう一つの移動手段が鉄道です。車での移動は、ドアツードアでどこへでも行ける点が魅力ですが、自分で運転をすることになると体力を消耗する点は無視できません。その点、鉄道での移動は、体力を温存しつつ、快適に移動できるところが魅力です。ゆっくりできる分、景色を味わう余裕もありますし、食事をしながらや、お酒を飲みながらの旅を満喫することも可能です。
フランスとイギリスを結ぶTGVのような高速鉄道も人気です。日本の新幹線は、防音壁やトンネルで車窓からの風景が見えないことも結構ありますが、ヨーロッパの鉄道は、一部の山岳地帯を除いて平坦な場所を通ることが多く、トンネルが少ないため車窓からの風景を常時楽しむことができるのがメリットです。
一つだけ注意する点があるとすれば、列車の運行スケジュールでしょう。日本の鉄道に比較すると、列車の運行時間はルーズな傾向があり、数十分遅れることも珍しくありません。そのため、鉄道を使って移動する場合は、時間に余裕をもたせた旅のスケジュールを作っておくことをお勧めします。

船を活用すると旅がよりスムーズに!フェリーでの移動もお勧め

ヨーロッパの各国、各都市を巡ろうと思ったら、車か電車で移動するのがメインになりますが、この二つに船の移動をミックスすると、より快適なヨーロッパ旅行が満喫できます。
例えば、フィンランドとスウェーデンの移動は、夜間のフェリーを利用することで効率的に渡ることができます。時間短縮効果だけでなく、ディナーなども楽しめますのでフェリーの魅力を十分味わえるでしょう。フランス、イタリア、ギリシャの海沿いの街をクルーズするのも優雅です。
大型のフェリーであれば、ほとんどの場合、車を乗せて移動することができます。ヨーロッパの旅には車は欠かせませんので、車ごと運んでくれれば安心ですね。
さらに、船での移動は海沿いの国だけに限りません。内陸の国であっても、大きな湖や川を横切る時にフェリーは活躍してくれます。例えば、スイスのジュネーブでは、立派なフェリーでの遊覧を楽しむことができます。船を上手に活用できるようになると、旅の移動のバリエーションが増えますので、より楽しい旅ができるでしょう。

タビマスターズ

Comments are closed.